独立開業、開業資金調達のサイト

準備度合い

準備度合い

融資担当者は、開業者の準備状況の把握を行います。
それは実際に開業までの準備の度合が、開業後の業績を左右することを知っているからです。

 

当然ですが、開業準備を充分にしている方が、より成功の可能性があります。

 

準備度合いのチェックポイント

 

情報収集ができているか

業界情報、競合店、立地、法律等の知識などの情報をよく知っているか。

 

 

自分の弱みを理解しているか。

どのような開業者にも、必ず弱い部分があります。開業時はどうしても強気の姿勢が強いのですが、本当にそうでしょうか。
資金調達に限界がある以上、他の競合と比べて、すべてにおいて優位に立っている訳ではありません。
その弱点を認識し、きちんと対策を講じていることが大切です。

 

 

従業員の確保

開業時から、従業員が必要な場合があります。従業員をどのようにいつまでに確保できるかと対策を講じておく必要があります。また、従業員にどのような仕事をさせるのか。従業員の替わりに自分ではその仕事はできないのか。

 

 

家族のサポート

家族に内緒で開業する方は、たいてい失敗します。なぜなら、家族はあなたの一番の理解者であり、苦しい時にも頼りになる一番の協力者であるからです。
家族の理解が得られているかどうかは、大きな成功のポイントになります。

 

次は

資金計画


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 税理士紹介 会社概要 相互リンク お問い合わせ