独立開業、開業資金調達のサイト

開業資金調達成功のポイント

開業資金調達成功のポイント

開業資金調達成功のポイントは、主に3つありますので、下記にてご紹介したいと思います。

 

事業計画書

事業計画書とは、金融機関からの資金調達の際に、自社の説明資料として作成する書類です。
ビジネスプランともいいます。

 

金融機関に事業資金の借入するときには、借入資金の使い道や返済計画についてさまざまな説明を求められます。
その際に、「こういう事業内容で、このような収支見込になり、このような計画で返済が可能なので、この金額の借り入れをお願いしたい。」という説明をする書類が必要で、それが事業計画書となります。

 

事業計画書の内容は、資金調達をする上で、資金調達の可否を決める大変重要な要素です。

 

 

担保・保証人

担保と保証人は、金融機関からみれば保全となります。
金融機関は、本人が返せなくなったときに、担保を競売したり、保証人に本人の代わりに支払ってもらったりして、リスクを軽減します。
起業・独立開業時には特に実績がありませんので、重要視される項目となります。

 

 

返済財源

金融機関は、「どういう方法で自分が貸したお金をきちんと返済してくれるのか」ということをみます。
これを返済財源といいます。

 

返済財源は、まず第一に「事業での利益から返済する方法」があります。
また、事業の範囲内で返済が難しい場合は、不動産収入や親の年金、妻のパート代などの別収入から返済する方法などが考えられます。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 税理士紹介 会社概要 相互リンク お問い合わせ