独立開業、開業資金調達のサイト

商品・サービスの差別化

商品・サービスの差別化

あなたの商品やサービス、技術は、客観的に見て差別化されていますか。

  • 販売方法
  • 立地
  • 営業時間
  • 接客
  • 商品知識  など

 

安売り・低価格だけを自分のウリにしていませんか?

 

低価格はそれはそれで重要な差別化要素となりますが、価格だけの勝負であれば、いずれは価格競争に巻き込まれ、利益が圧縮される状況になります。
また、競合店は現在だけではなく、あなたの店舗を十分に研究した上で新規に競合店が現れることも充分考えられます。
価格以外の差別化要素も持つことが必要です。

 

 

客観的な判断が必要

一般的に、起業を目指している方は、「起業して成功したい!!」「自分は成功するんだ!!」という気持ちが強すぎて、自分の事業を客観的に見れていない方が多いようです。

 

客観的に見て、本当に事業が成功するのか、家族や知人などの第三者から冷静に事業計画を見てもらうことも必要だと思います。

 

差別化のポイント
  • 客観的に見て、あなたの事業は市場から求められているものか?
  • 既存企業(新規参入者)との競争に耐えうるものか?

 

次はは

経営者の能力・信用をアピール


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 税理士紹介 会社概要 相互リンク お問い合わせ