独立開業、開業資金調達のサイト

資金計画

資金計画

新規開業者は、立派な設備で大きな事業を行いたいと考えがち

 

しかし、高額な資金が必要であり、その分リスクが高まる

 

開業時は、「小さく生んで大きく育てる」発想が必要です。
例えば、小さな設備、従業員を極力雇わない状況で始めて、大きく育てていくことが事業の成功確率を高めます。

 

 

資金計画のチェックポイント

必要資金の内容の精査
  • 設備計画は適正か?
  •  → 過大な内容となっていないか

  • 開業後の運転資金は十分に確保されているか?

 

 

資金調達の内容の精査
  • 借入依存度は高すぎないか?
  • 自己資金が少ない場合、収支が計画を下回っても返済が可能か?

 

 

自己資金の重要性とは

借入リスクの軽減

自己資金が多ければ多いほど、借入金額は少なくて済みます。借入が少ないと事業をする上でのリスクが軽減されます。

 

 

余裕ある資金繰り

事業計画段階での予想の売上を達成できるとは限りません。予想売上を達成するまでのつなぎ資金としても自己資金は重要です。

 

 

開業準備の証

自己資金が多ければ多いほど、開業に対して十分に準備がなされていると見られます。自己資金の多寡によって、開業経緯から計画性、事業に対する熱意がわかります。

 

 

収支計画のチェックポイント

売上高は達成可能か?

予想売上高が達成可能かどうか多角的にチェックします。

 

売上の根拠となる証拠書類があればベスト

証拠書類とは 

  • 顧客リストや業界平均の売上の指標など
  • 自分の店の客単価を算出した書類など

 

 

売上原価は適切か?

売上原価は、業種によりだいたい決まっています。業界平均などを元にチェックします。

 

 

人件費は適切か?

人件費は従業員数もわかるように記載されているかチェック。なお、開業当初はなるべく従業員を雇わなくても済むように計画すると良いでしょう。

 

 

支払利息は適正に計算されているか?

支払利息(月間)の計算は、「借入金×年利率÷12ヶ月」で試算します。

 

 

利益は適正か?

最終的な利益から、借入金の元金返済は行われます。
この利益の中から元金の返済が可能かチェックします。

 

 

支払利息は経費として計上されます。借入金の元金は経費にはなりません。

 

個人事業主の場合、最終的な利益から借入金を返済し、さらにそこから残った利益から生活費を捻出します。
融資担当者は、最終の利益から、借入金の返済元金と生活費が捻出できるかチェックします。

 

 

計画は現実的に

開業時の収支予測は過大評価(楽観的)になりがち

客観的な収支予測を行い、整合性や根拠のない収支見込は排除する。

 

 

「画に描いた餅」にならないように

  • 知人や専門家などの第三者からの意見、市場調査によるもの、経営指標などを利用し、計画を立てる。
  • 同業者との比較検討を行う。
  • できるだけ業界情報などを蓄積しておく。

 

次は

事業計画


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 税理士紹介 会社概要 相互リンク お問い合わせ