独立開業、開業資金調達のサイト

担保・保証人について

担保・保証人について

担保について

担保とは、金銭債務が履行されない場合、その履行に代えて債権者が担保として提供を受けたものについて一方的に換価し、債務の弁済に当てる権利もしくは、その目的物のことです。

 

 

わかりやすくいいますと、お金を借りた人が、借りたお金を返せなかった場合に、金融機関がとっておく保全策です。
実際に返済ができない場合は、金融機関が担保物件を任意売却したり、競売にかけたりしたりして貸し出した資金の回収を行います。

 

担保には、不動産(土地、建物など)と動産(預金、株券など)がありますが、一般的に金融機関が担保という場合は不動産を指します。

 

 

担保提供が可能な場合は、資金調達の成功率はUPします。

 

 

 

保証人について

保証人とは、融資を受けた方がお金を返せなくなった場合、法律上、残りの債務の返済を債務者の代わりに返済する義務を負う人のことをいいます。
つまり、保証人は、保証人になることを了承すれば、債務者が夜逃げをしたり、支払いができなくなった場合には、代わりに支払いをする義務が生じます。

 

 

新規開業の資金調達をする場合は、基本的に保証人が必要となります。

 

 

日本政策金融公庫の場合、一定の要件を満たすと無担保、無保証で開業資金の借入れができる新創業融資制度があります。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 税理士紹介 会社概要 相互リンク お問い合わせ